鎌倉芸術館

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

  • 概要
  • プロフィール

チラシダウンロード

鎌倉音楽文庫
第二章「北斎と波乗りドビュッシー」
~ジャポニズム旋風の衝撃!

【ドビュッシー没後100年メモリアル】
第一巻『ドビュッシーと鎌倉散歩』
鎌倉の文化と、西洋の音楽・文化・アートがパラレルに交差するトーク&コンサート。没後100年のドビュッシーとともに、明治・大正期の日本とフランスへタイムスリップ!

○第二章「北斎と波乗りドビュッシー」
~目次~
・ 世紀末フランスは、空前の日本ブームだった!
・ フランスでドビュッシーを最初に聴いた日本人は?
・ いとしのエリーとドビュッシー ~恋愛遍歴にみるドビュッシーの愛憎劇!
・ 北斎とドビュッシーと湘南の海
・ デビュッシィ? ドビユシイ? ~ドビュッシーは日本で何と呼ばれていた?

公演日時 2018年7月7日(土) 15:00開演 (14:30開場)
会場 小ホール (客席表はこちら
出演 金子三勇士(ピアノ)
浦久俊彦(ナビゲーター)
曲目 ドビュッシー:
《ベルガマスク組曲》より〈月の光〉
《子どもの領分》
バルトーク:
《子どものために》より
コダーイ:
《7つのピアノ作品》Op.11 より〈雨の街〉
武満徹:
《雨の樹素描 ―オリヴィエ・メシアンの追憶に》 ほか
料金 全席指定 3,600円 / 2公演セット券7,000円 (4/22【第一章】とのセット券)
※かまくらアーツ・クラブ会員10%割引対象。
※学生席(小学生~24歳以下)は半額。鎌倉芸術館のみ取り扱い。当日、身分証要提示。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※都合により、内容が変更になる場合がございます。
チケット発売日 <各日10:00~/発売初日の窓口販売はいたしません>
かまくらアーツ・クラブ会員先行発売 2018年1月27日(土)
ネット会員先行発売 2018年2月2日(金)
一般発売 2018年2月3日(土)
チケットお取り扱い 鎌倉芸術館ホームページ
≪鎌倉音楽文庫2公演セット券 ≫ ※鎌倉芸術館のみ取り扱い
【4/22 第一章 大正ニッポン・フランス大狂騒曲!】+【7/7 第二章 北斎と波乗りドビュッシー】のインターネットからの購入方法は通常と異なります。事前にこちらをご確認ください。

・鎌倉芸術館チケットセンター 0120-1192-40 (10:00~19:00)
・鎌倉芸術館1Fインフォメーション (9:00~19:00)
 ※発売初日の窓口での販売はございません。(電話、インターネットのみ販売)
チケットぴあ (Pコード:【4/22】102336 【7/7】102341)
ローソンチケット (Lコード:【2公演共通】33102)
イープラス
鎌倉音楽文庫とは あまたの文化人たちに愛され、数々の作品の舞台ともなった鎌倉。第二次世界大戦時には、この地に暮らす文士たちが、荒廃した人の心を明るくしようと蔵書を持ち寄り「鎌倉文庫」を開き、広く文化を紹介しました。
鎌倉芸術館の新企画「鎌倉音楽文庫」では、鎌倉に息づく文化、ゆかりの文豪たちが耳にした音楽、作品に登場する諸芸術を通して、人・歴史・文化・芸術など多角的に光を当てることで照らされる、音楽の新たな魅力をお届けします。ご案内は、鎌倉を愛する文化芸術プロデューサー・浦久俊彦。各回のテーマに即した気鋭の演奏家たちを招き、わかりやすい解説と軽妙なトーク、そして極上の演奏で綴る、新感覚のトーク&コンサートです。鎌倉の、ひいては日本の歴史を彩ってきた文化と、西洋の音楽・文化・アートがパラレルに交差する――  第一巻は、2018年に没後100年を迎えるドビュッシーをクローズアップします。

【ドビュッシー没後100年メモリアル】
◎第一巻『ドビュッシーと鎌倉散歩』
2018年、没後100年を迎えるドビュッシーは、近代フランスの風を日本に吹かせました。彼は、北斎などヨーロッパで大流行したジャポニズムに強く影響されたことでもよく知られています。明治時代の日本にとっても、ドビュッシーとの出会いは、まさに時代の先端モードといえるほど印象的なものでした。そのなかには、鎌倉に縁のある文豪たちの姿とともに、明治・大正時代の日本の風景が見えてきます。
第二章詳細 ○第二章「北斎と波乗りドビュッシー」 ~ジャポニズム旋風の衝撃!
<フランスから見た日本>
ときは、19世紀後半。西洋を襲った大激震のニュー・ウェーブ!それが“ジャポニズム”でした。それまでの伝統的な線と明暗と空間表現から、色彩とタッチと平面を重視した、装飾性を帯びた表現に変貌しようとしていた時代の最先端アーティストたちに、日本美術が与えた真の衝撃とは?出演は、いまもっとも熱い、若手を代表するピアニスト「金子三勇士」。ヨーロッパ人の血が流れる彼ならではの視点で語られる、ヨーロッパから見たドビュッシー&日本のトークも注目です。
お問い合わせ 鎌倉芸術館チケットセンター  0120-1192-40 (10:00~19:00)

ページトップ