鎌倉芸術館

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

  • 概要
  • プロフィール
  • ピックアップ

観世銕之丞 かんぜ てつのじょう

シテ方観世流、1956年生。八世観世銕之亟静雪の長男。父及び観世寿夫に師事。初舞台は4才で仕舞「老松」。初シテは10才で「合浦」。2002年に九世銕之丞を襲名。銕之丞家の当主として、また公益社団法人能楽協会理事長としてこれからの能界を担う存在として期待されている。東京および京都、大阪でも活躍するほか、海外公演にも多く参加している。公益社団法人銕仙会理事長。法政大学及び都立国際高校非常勤講師。京都造形芸術大学評議員。日本芸術院賞を受賞。紫綬褒章を受章。

宝生欣哉 ほうしょう きんや

ワキ方宝生流、1967年生まれ。宝生閑の長男。祖父弥一と父に師事。8才で初ワキを勤める。「大般若」や「敷地物狂」の復曲や「みだれ髪」「望恨歌」などの新作能の上演にも取り組む。芸術選奨文部科学大臣新人賞など受賞。

野村万作 のむら まんさく

狂言方和泉流、1931年生。重要無形文化財各個指定保持者(人間国宝)。文化功労者。六世野村万蔵の二男。祖父(初世萬斎)及び父に師事。初舞台は3才で「靱猿」。海外公演も多数。芸術祭大賞、紀伊國屋演劇賞、観世寿夫記 念法政大学能楽賞、坪内逍遥大賞、日本芸術院賞、紫綬褒章、長谷川伸賞、朝日賞、旭日小綬章など受賞多数。

ページトップ