鎌倉芸術館

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

  • 概要
  • ピックアップ

歌舞伎の美と笑いをとことん楽しむ豪華二本立て

『らくだ』
今ここに甦る 十八代目 中村勘三郎と十代目 坂東三津五郎の共演!
滑稽なやりとりが笑いを誘う古典落語の名作
http://www.kamakura-arts.jp/calendar/s_%E3%82%89%E3%81%8F%E3%81%A0.jpg


[作]岡鬼太郎
[改訂・演出]榎本滋民
[上演日]2008年8月
[上演場所]歌舞伎座
[上演時間]52分

[出演]
 紙屑買久六:中村 勘三郎
 家主女房おいく:坂東 彌十郎
 駱駝の馬太郎:片岡 亀蔵
 半次妹おやす:尾上 松也
 家主左兵衛:片岡 市蔵
 手斧目半次:坂東 三津五郎

[作品紹介とみどころ]
ふぐの毒に当たって急死した馬太郎、通常“らくだ”の通夜をしようと、仲間の半次が、紙屑買いの久六を家主のもとに使いに出します。酒で豹変し、立場が逆転する笑いあふれる舞台を、2008年8月歌舞伎座にて、勘三郎と久六と三津五郎の半次のコンビで演じた舞台です。

-------------------------------------------------------------------------------------

『連獅子』
日本映画界の名匠 山田洋次監督が描いた渾身の歌舞伎舞台
http://www.kamakura-arts.jp/calendar/s_%E9%80%A3%E7%8D%85%E5%AD%90.jpg


[監督]山田洋次
[上演日]2007年10月
[上演場所]新橋演舞場
[上演時間]55分

[出演]
 狂言師後に親獅子の精:中村 勘三郎
 狂言師後に仔獅子の精:中村 勘九郎
 狂言師後に仔獅子の精:中村 七之助
 僧蓮念:片岡 亀蔵
 僧遍念:坂東 彌十郎

[作品紹介とみどころ]
親獅子がわが子を谷底へ突き落とし、自力で登ってきた仔獅子だけを育てるという、歌舞伎舞踊の人気演目のひとつ。2007年10月新橋演舞場にて、親獅子を中村勘三郎、仔獅子を息子の中村勘九郎、七之助が演じた舞台で、山田洋次監督が「シネマ歌舞伎」史上初の舞台上にカメラを設置し舞台稽古を撮影した、迫力ある映像が見どころ。クライマックスでは実の親子による一糸乱れぬ豪華な毛振りが必見です。

ページトップ