鎌倉芸術館

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

  • 概要
  • プロフィール
  • ピックアップ

プロフィール

http://www.kamakura-arts.jp/calendar/bunko_kondo.jpg
近藤嘉宏 (ピアノ) Toshihiro Kondo, piano
桐朋学園大学を首席卒業。その後、ミュンヘン国立音楽大学においてゲルハルト・オピッツのもとでさらなる研鑚を積む。1987年日本音楽コンクール第2位。1992年ミュンヘン交響楽団との共演でデビュー、大成功をおさめる。国内では1995年に正式にデビュー、翌年にはCDデビューを果たし、一躍注目を集めた。以来、日本を代表するピアニストとして第一線で活躍、数多くのレーベルから30タイトル以上のCD及びDVDを国内外でリリース。これまでに国内外のオーケストラい多数客演。ネーメ・ヤルヴィ、トーマス・ザンデルリンク、外山雄三、秋山和慶、広上淳一など多くのマエストロと共演を重ね、厚い信頼を寄せられている。2016年にはミュンヘンのマックス・ヨゼフ・ザールでリサイタルを開催、ウィーンのムジークフェライン大ホールにてベート-ヴェンの《皇帝》でデビュー。
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/yoshihiro-kondo/
フェイスブック https://www.facebook.com/yoshihirokondopianist/


http://www.kamakura-arts.jp/calendar/bunko_iso.jpg
礒 絵里子 (ヴァイオリン) Eriko Iso, violin
桐朋学園大学卒業後、ブリュッセル王立音楽院に留学し首席修了。マリア・カナルス国際コンクールほか国内外の数々のコンクールで入賞。ソリストとして国内外のオーケストラと多数共演。FMヨコハマ「礒絵里子のSEASIDE CLASSIC」のパーソナリティを務めている。ヨーロッパ仕込みの洗練された感性には定評があり「気負いのないしなやかな活動ぶりが、クラシック音楽シーンで着実に存在感を放っている」など高く評されている。ソロ活動に加え、宮崎国際音楽祭への参加、「Ensembleφ(ファイ)」など室内楽でも多彩な演奏活動を展開。アウトリーチ活動にも積極的に参加している。一財)地域創造公共ホール活性化支援事業登録アーティスト。 現在9枚のCDが好評発売中。洗足学園音楽大学講師。
オフィシャルHP http://www.34-net.com/eriko/


http://www.kamakura-arts.jp/calendar/bunko_urahisa.jpg
浦久俊彦 (ナビゲーター) Toshihiko Urahisa, navigator
文筆家、文化芸術プロデューサー。パリで音楽学、歴史社会学、哲学を学ぶ。フランスを拠点に20年以上にわたり、音楽・芸術分野だけでなく、M.O.F.(フランス最優秀職人)の支援など、幅広く総合文化プロデューサーとしても活躍。帰国後、三井住友海上しらかわホールのエグゼクティブ・ディレクターを経て、現在、浦久俊彦事務所代表。多彩な分野のアーティストのオリジナル企画を手がけるほか、一般財団法人欧州日本藝術財団代表理事、公益財団法人日仏会館文化事業委員、サラマンカホール音楽監督として、日本とヨーロッパの文化芸術交流にも力を注いでいる。著書『フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか』(新潮社)、『138億年の音楽史』(講談社)。
公式ホームページ http://www.urahisa.com


http://www.kamakura-arts.jp/calendar/bunko_tomioka.jpg
富岡幸一郎 (トークゲスト/文芸評論家・鎌倉文学館館長) Koichiro Tomioka
1979年、中央大学フランス文学科在学中に「埴谷雄高と三島由紀夫」で「群像」新人文学賞評論部門優秀作を受賞し、文芸評論活動を始める。1990年より鎌倉市雪ノ下在住。関東学院大学教授。2012年より鎌倉文学館館長。著書に『内村鑑三』(中公文庫)『最後の思想 三島由紀夫と吉本隆明』(アーツアンドクラフツ)『川端康成 魔界の文学』(岩波書店)等。

ページトップ