鎌倉芸術館

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

  • 概要
  • プロフィール
  • ピックアップ

ギル・シャハム(ヴァイオリン) Gil Shaham, violin

ギル・シャハムは、今日のクラシック音楽界きっての人気を誇る国際的ヴィルトゥオーゾとして、世界中の著名なオーケストラや指揮者から引っ張りだこであるだけでなく、名だたる音楽祭の要となるリサイタルや室内楽コンサートへの出演依頼も多い。
最近は自身による企画が注目されており、「1930年代のヴァイオリン協奏曲」プロジェクトでは、バーバー、ベルク、プロコフィエフ、ストラヴィンスキー、ウォルトンという30年代に大きな影響を与えた作曲家による35曲の名曲を聞かせ、ドゥダメル指揮ロサンジェルス・フィル、ティルソン=トーマス指揮ロンドン響、ロバートソン指揮ニューヨーク・フィル、ヤンソンス指揮バイエルン放送響などと共演した。また、カーネギーホールをはじめとするサンフランシスコ響の20周年ツアーでのプロコフィエフの2番、フィラデルフィア管とのベルク、ベルリン放送響とロンドン響とのブリテン、そしてサンディエゴ響とのダヴィッド・ブルースの世界初演など輝かしいコンサートの数々が本プロジェクトの6年目を飾っている。
リサイタルも定期的に行っており、ロンドン、イスタンブール、ミラノ、プラハ、ケルン、東京など世界各地に登場している。また、ヴァイオリニストの妻アデール・アントニー、ピアニストの妹オリ・シャハム、義兄の指揮者デイヴィッド・ロバートソンら、家族で共演する機会にも恵まれている。
録音も数多く、グラミー賞、グランプリ・ドゥ・ディスク、ディアパゾン・ドール、グラモフォン誌のエディターズ・チョイスなど権威ある賞もたびたび受賞している。近年は自身のレーベル「カナリー・クラシックス」を立ち上げた。
1971年イリノイ州のシャンペーン・アーバナ生まれ。1981年、エルサレム響およびイスラエル・フィルとの共演でデビュー。1982年、イスラエルのクレアモント・コンクールで優勝した後、ジュリアード音楽院の奨学生となり、ドロシー・ディレイおよびヒョー・カンに師事。また、コロンビア大学でも学んだ。1990年にエイヴリー・フィッシャー・キャリア・グラントを受賞、2008年にはエイヴリー・フィッシャー賞を受賞した。

使用楽器は1699年製ストラディヴァリウス「ポリニャック伯爵夫人」。妻アデール・アントニーと2人の子供たちと共にニューヨークに在住。

KAJIMOTO

江口玲 (ピアノ) Akira Eguchi, piano

東京藝大附属音楽高校を経て東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業、その後ジュリアード音楽院のピアノ科大学院修士課程、及びプロフェッショナルスタディーを修了。ニューヨークタイムズ紙からは「非凡なる芸術性、円熟、知性」「流暢かつ清廉なるピアニスト」と賞賛され、これまでにカーネギーホールはじめ、演奏で訪れた国は25カ国に及ぶ。
欧米及び日本をはじめとするアジア各国でのリサイタルや室内楽、協奏曲などで活躍しているほか、諏訪内晶子、竹澤恭子、アン・アキコ・マイヤースほか、数多くのヴァイオリニストたちから絶大な信頼を得ている。特にギル・シャハムとは共演歴も長く、日本のみならず世界の舞台で絶賛を浴びている。レコーディングはドイツグラモフォン、フィリップス等で計30枚以上、NYS CLASSICSより9枚のソロアルバムをリリースし、レコード芸術誌での特選盤選出など、高い評価を得ている。
2011年5月までニューヨーク市立大学ブルックリン校にて教鞭を執る。2006年より洗足学園音楽大学大学院の客員教授を務める他、2011年4月より東京藝術大学ピアノ科の准教授に就任。現在もニューヨークと日本を行き来して演奏活動を行っている。
オフィシャル・ウェブサイト http://www.akiraeguchi.com

江口玲オフィシャルサイト

ページトップ