鎌倉芸術館

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

  • 概要
  • プロフィール
  • ピックアップ

グザヴィエ・ドゥ・メストレ Xavier de Maistre, Harp

グザヴィエ・ドゥ・メストレは、ハープのための新しい委嘱作品に加え、数々のオーケストラ作品を見事なアレンジと卓越した技術で披露するなど、楽器のもつ可能性さえも広げる類稀な創造力を備えた卓越した奏者である。

ガッティ、ムーティ、プレヴィン、ラトル、オロスコ=エストラーダなど優れた指揮者の下、主要なオーケストラと共演をしている。また、ザルツブルク音楽祭、ウィーン芸術週間、ヴェルビェ音楽祭などヨーロッパの主要な音楽祭に出演。室内楽の分野では、ダムラウ、エルトマン、ミュラー=ショットらと共演している。

2014-15年には、ニューヨークでのラングレー指揮モーストリー・モーツァルト・フェスティバルへの出演、ケルン放送響のレジデント・アーティストとしてサラステ、コープマン、シナイスキーと共演する。さらに、テミルカーノフ指揮サンクト・ペテルブルク・フィルとのスペイン・ツアー、ティッチアーティ指揮フランス国立管との細川俊夫作品のフランス初演を行なう。また、ソロ・リサイタルではザルツブルク音楽祭、ダムラウとのデュオほか室内楽ではウィーンほか欧州各地で演奏する。

フランスのトゥーロンに生まれ、9歳からハープを学ぶ。パリでジャクリーヌ・ボローとカテリーヌ・ミシェルに師事。1998年、世界で最も権威あるUSA国際ハープ・コンクールで優勝。直ちにフランスの音楽家として初めてウィーン・フィルのソロ・ハーピストに就任、2010年夏まで務めた。2001年よりハンブルク音楽大学教授。ジュリアード音楽院、トリニティ音楽院で定期的にマスタークラスを行う。


公式ホームページ: www.xavierdemaistre.com

ページトップ