鎌倉芸術館

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

  • 概要
  • プロフィール
  • ピックアップ

鎌倉芸術館ゾリステン
Kamakura Performing Arts Center Solisten

鎌倉芸術館専属の弦楽アンサンブルとして徳永二男(当時:NHK交響楽団ソロ・コンサートマスター)を中心に、在京オーケストラのコンサートマスターや首席奏者、国内外で活躍するソリストなど日本屈指の弦楽器奏者たちが集い、1992年10月19日に結成。鎌倉芸術館開館に先立つ1992年12月20日、鎌倉市中央公民館(現:鎌倉生涯学習センター)にてデビュー。翌1993年10月より本拠地を鎌倉芸術館に置き、現在、年に2回の定期公演を行っている。また、近藤讓、西村朗、佐藤聰明、吉松隆、猿谷紀郎、藤家渓子、石井眞木、野田暉行、林光など著名な邦人作曲家への新曲委嘱と、その曲の世界初演をこれまで9曲手がけるほか、開館5周年を記念してヴィヴァルディ:「四季」のCD録音を行う。2010年には徳永二男が地元鎌倉の高校でオーケストラの指導をするなど地域に根ざした活動を展開するほか、2010年6月より、小ホールでの室内楽シリーズをスタートさせ、弦楽アンサンブル曲にとどまらず、室内楽曲にも積極的に取り組んでいる。2012年10月に20周年を迎えた鎌倉芸術館ゾリステンは、鎌倉芸術館の「顔」として、鎌倉芸術館でしか聴くことのできない豊穣な響きを常に生み出している。

写真:ゾリステン37公演ステージより

ページトップ