鎌倉芸術館

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

  • 概要
  • ピックアップ

チラシダウンロード

松竹大歌舞伎
※終了しました

平成28年度(公社)全国公立文化施設協会主催 東コース

鎌倉、夏の風物詩「松竹大歌舞伎」。高麗屋の芸を継ぎ、昨今ラスベガス公演や、新作歌舞伎の上演など活躍が著しい、次代を担う市川染五郎が登場。市川染五郎の素顔による「ご挨拶」にはじまり、曾祖父にあたる初代吉右衛門が得意とした「松浦の太鼓」は、赤穂浪士の討入りを描いた忠臣蔵外伝の人気作です。豪華顔ぶれによる、鮮やかな舞台をお楽しみください。当日は、イヤホンガイドのお貸出しもございます。

公演日時 2016年7月30日(土)
【昼の部】12:30開演〈12:00開場〉
【夜の部】17:00開演〈16:30開場〉
会場 大ホール (客席表はこちら
演目と配役 一.ご挨拶

                            市川染五郎

二.晒三番叟 長唄囃子連中

  如月姫                     中村壱太郎

三.秀山十種の内 松浦の太鼓 二幕三場

  松浦鎮信                   市川染五郎
  大高源吾                   中村歌  昇  
  宝井其角                   嵐  橘三郎
  お   縫                   市川高麗蔵
  

四.粟餅 常盤津連中

  杵造                      市川染五郎
  おうす                     中村壱太郎
あらすじとみどころ ■ご挨拶
 市川染五郎が素顔で登場し公演各地にご来場いただいた皆様にお目見得のご挨拶を申し上げます。客席と舞台が近しく感じられる一幕です。

■晒三番叟
 箱根権現では奉納された源氏の白旗が紛失し、騒ぎになっている。そこへ現れたのは、曽我二の宮(壱太郎)。周囲から怪しまれる二の宮は、奉納だと言って三番叟を踊り始める。実は、この二の宮は平忠度の娘如月姫。やがて、姫は源氏の白旗を使って布晒しを見せるのだった。
 本作は本外題を『今様四季三番三』といい宝暦五年(1755)に江戸市村座で初演されました。裾を引いた姫が三番叟を踊るという趣向が珍しく、『晒三番叟』の外題のとおり、躍動的な布晒しがみどころの舞踊です。

■松浦の太鼓
 雪が降る両国橋で、赤穂浪士の大高源吾(歌昇)は俳諧の宗匠宝井其角(橘三郎)と出会う。源吾は「明日待たるゝその宝船」と詠んで、その場を別れる。
 翌日、大名の松浦鎮信(染五郎)の屋敷では句会が行われている。源吾の妹お縫(高麗蔵)は松浦邸に腰元として仕えているが、松浦侯はお縫を見ると不機嫌になる。それと言うのも、松浦侯は赤穂浪士たちが隣家の吉良邸に討入しないことを不満に思っているからであった。だが、其角から源吾の下の句を聞いた松浦侯はその意味を考え始める。そこへ隣から陣太鼓の音が聞こえ、松浦侯は赤穂浪士の討入を悟るのだった。
 本作は明治三十三年(1900)に大阪朝日座で上演されました。『忠臣蔵』の外伝物のこの作品は、討入を心待ちにする松浦侯の喜怒哀楽を中心に、登場人物たちの心情が細やかに描かれた人気作です。

■粟餅
 江戸の街中にやって来たのは、粟餅売りの杵造(染五郎)とおうす(壱太郎)。ふたりは早速、粟餅を作り始めると、名物の粟餅の曲投げを見せていく。やがて、ふたりは六歌仙の人々の様子を踊ったり、団扇太鼓を打ち鳴らしたりと賑やかな様子で、去っていくのだった。
 本作は弘化二年(1845)に江戸中村座で初演されました。当時、江戸で人気の粟餅売りの姿を舞踊化したこの作品は、粟餅の曲投げや曲取りを賑やかな踊りで見せるのが眼目です。息の合ったふたりによる軽妙な舞踊をお楽しみください。
料金 全席指定 S席7,000円/A席6,000円/B席4,000円
※プレミアム・メンバーズ10%割引対象
※学生席(小学生~24歳以下)は各席種半額。当日、身分証要提示。
※都合により内容が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
特別先行受付のご案内 ●プレミアム・メンバーズ応募期間 2月11日(木)~2月25日(木)必着
 *抽選結果発送:3月3日(木)頃/*チケット引取り期限:3月15日(火)
●一般先行応募期間 2月25日(木)~3月10日(木)必着
 *抽選結果発送:3月17日(木)頃/*チケット引取り期限:3月29日(火)
※先行受付は終了いたしました。
一般発売 4月2日(土)10:00~

●チケットWeb松竹 http://www1.ticket-web-shochiku.com/pc/
●チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード(昼)449-171(夜)449-172 http://t.pia.jp/
●ローソンチケット0570-084-003 Lコード34157
●イープラス:http://eplus.jp
●ヨコハマよみうりプレイガイド045-201-9748 www.y-playguide.com/
●湘南リビング新聞社 0466-27-7411
歌舞伎をより楽しむプレセミナーのご案内
※販売終了いたしました
6月25日(土)14:00~15:30 鎌倉芸術館3階集会室にて、
「歌舞伎をより楽しむプレセミナー」を開催いたします。
参加費:500円(自由席)
チケット発売日:3月3日(木)~
詳細は、ピックアップ・ページにてご確認ください。
夜の部〈後半鑑賞券〉3,000円 当日販売! 開演時間に間に合わない!歌舞伎を少しだけ観てみたい!
そのような方にお勧めする、〈後半鑑賞券〉を当日販売いたします!
*「夜の部」のみ対象。当日17:30より大ホール入口で販売します。
事前予約は不可。お席はお選び頂けません。
* ご鑑賞頂ける演目は、「三.松浦の太鼓」と「四.粟餅」となります。
* ホールへのご入場は17:40頃から、ご鑑賞は18:00頃からの予定です。
〈音声解説イヤホンガイド〉で歌舞伎を100倍楽しもう! 舞台の進行に合わせて、あらすじや配役をわかりやすく解説します。
詳細は、ピックアップ・ページにてご確認ください。
お問い合わせ 鎌倉芸術館チケットセンター
TEL:0120-1192-40
(9:00~19:00)

ページトップ