鎌倉芸術館

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

  • 概要
  • プロフィール
  • ピックアップ

上野水香 (オデット/オディール) Mizuka Ueno,Odette / Odile

2004年入団。「ドン・キホーテ」「ボレロ」など大役を射止め、以後も「眠れる森の美女」「白鳥の湖」「ジゼル」「第九交響曲」などに主演。「ラ・バヤデール」09年初演ではマカロワに選ばれ初日を飾った。長身で柔軟な身体を生かした華麗な踊りでスターのオーラを放つ。

柄本弾 (ジークフリート王子) Dan Tsukamoto, Prince Siegfried

2008年入団。2年後「ラ・シルフィード」「ザ・カブキ」で主役を射止める。「ロミオとジュリエット」ロミオで高評を得、以後も「ドン・キホーテ」「眠れる森の美女」「ジゼル」「ラ・バヤデール」「ボレロ」「第九交響曲」「白鳥の湖」と快進撃を続けている。

チャイコフスキー記念 東京バレエ団 The Tokyo Ballet

1964年に創設、3年目の1966年にはモスクワ、レニングラードで公演を行い、ソビエト文化省より“チャイコフスキー記念”の名称を贈られる。創立以来一貫して、古典の全幕作品から現代振付家の名作まで幅広いレパートリーを誇る。モーリス・ベジャール(「ザ・カブキ」「M」)、イリ・キリアン(「パーフェクト・コンセプション」)、ジョン・ノイマイヤー(「月に寄せる七つの俳句」「時節の色」)ら現代バレエ界を代表する三大振付家による作品を上演。またノイマイヤーの「ロミオとジュリエット」ほか一流の振付家による作品をその指導により上演している。21のベジャール作品をレパートリーに持ち、モーリス・ベジャール・バレエ団とは兄弟カンパニーとして認められている。ダニエル・バレンボイム、ズービン・メータなど、巨匠指揮者との共演も果たした。これまでに日本の舞台芸術史上もっとも多い、32次761回の海外公演を行う。30カ国153都市を巡り、とくにパリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場ほかヨーロッパの名だたる歌劇場に出演。2014年に創立50周年を迎え、翌年8月に斎藤友佳理が芸術監督に就任。2017年にはブリュッセルでモーリス・ベジャール・バレエ団と合同でベジャール振付「第九交響曲」を上演するほか、シュツットガルト州立歌劇場で「ラ・バヤデール」を上演し、高評を得ている。

ページトップ