鎌倉芸術館

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

  • 概要
  • プロフィール
  • ピックアップ

鎌倉音楽文庫とは

第二次世界大戦時、鎌倉文士たちが蔵書を持ち寄り、戦争で荒廃した人心を明るくした「鎌倉文庫」。その精神から生まれたのが「鎌倉音楽文庫」です。文学&音楽が共鳴する魅惑の旅へ!一流演奏家をゲストに招き、文化芸術プロデューサーの浦久俊彦が案内する、多くの作家や文化人に愛された鎌倉ならではの、知的なおしゃれなトーク&コンサートです。

第二巻 「三島由紀夫」~音楽を憎んだ男
「音楽会へ行っても、私はほとんど音楽を享楽することができない。(中略)音楽というものは、人間精神の暗黒な深淵のふちのところで、戯れているもののように私には思われる。」
三島由紀夫『小説家の休暇』より

天才「三島」の生涯と作品を音楽から紐解く!
日本の文壇が生んだ天才・三島由紀夫。その存在がひとつの事件とすら言われた彼は、音楽に何を聴いたのか。鋭利な感受性ゆえに、音楽に“深遠なる暗黒”を聴いた三島由紀夫の生涯と作品を、音楽の視点から紐解く『鎌倉音楽文庫』第二巻。いまも人々を惹き付けてやまない三島文学の秘められた魅力に迫ります。

【関連イベント】 鎌倉文学館 × 鎌倉芸術館

「三島由紀夫」音楽を憎んだ男 プレ・トーク
「三島文学の中の音楽」

2019.5.11(土) 14:00~16:00 鎌倉文学館1階講座室
対談:富岡幸一郎(鎌倉文学館館長)、浦久俊彦(文化芸術プロデューサー)

[参加費]無料
[定員]33名(事前申込・抽選/4月19日(金)締切)
鎌倉文学館で開催される特別展「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」にて、本公演のプレ・トークを開催します。三島由紀夫を文学と音楽の面から掘り下げ、新たな角度からその魅力に迫ります。
※詳細はお電話でお問合せいただくか、下記ホームページをご確認ください。
主催:鎌倉文学館 0467-23-3911 http://www.kamakurabungaku.com/

鎌倉文学館 春の特別展
三島由紀夫「豊饒の海」のススメ

2019.4.20(土)~7.7(日)
[入館料]一般500円 小中学生200円
[開館時間]9時~17時(入館は30分前まで)
[所在地]神奈川県鎌倉市長谷1-5-3(TEL 0467-23-3911)

ページトップ