鎌倉芸術館

  • ホーム
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

お電話でのお問合せ

イベント詳細

チケットのご購入はこちら

  • 概要
  • プロフィール
  • ピックアップ

東京楽所 とうきょうがくそ
代表:多忠輝(宮内庁式部職)

1978年、当時の宮内庁式部職楽部長 多忠麿、同楽部員 東儀兼彦、芝祐靖、国立劇場演出室長 木戸敏郎各氏4名が発起人となり「東京楽所」を創設。有職としての儀式音楽だけではなく、広く音楽芸術としての雅楽演奏を目的として結成された。累代の楽人に併せて、民間の優秀な雅楽奏者も含め、古典から現代音楽まで幅広く展開する高い芸術性を有する雅楽団体である。又、日本雅楽を継承する優れた楽師の育成の一端を担うことも東京楽所の目的としている。現在、わが国最大規模であり、日本雅楽を未来へ継承する演奏団体である。

1978年以来、数多くの雅楽公演に参加、高い評価を得る。
1983年、外務省招請により文化使節としてヨーロッパ公演
1986年、エジプト・カイロ公演
1987年、米国において日本伝統使節団に参加
2005年、日・EU市民交流年事業ベルリン、ロンドン大学公演
2008年、日本/ブラジル交流年舞楽法会五都市公演
2009年、井上道義指揮、オーケストラ アンサンブル金沢とウイーン 、ブタペスト公演共演
2011年、日独交流年ドイツ国5公演ツアーなど世界的な活動を展開している。
2012年より、東京オペラシティ コンサートホールで「新春の雅楽」「七夕の雅楽」年2回 の 雅楽定期公演を開催(主催:株式会社AMATI)
2017年、アジアで初めて開催された「第20回 国際音楽学会東京大会」オープニングコンサート雅楽公演。その模様はクラシカ・ジャパンで初めて雅楽を取り上げ、2018年「新春の雅楽」として放映。
2018年、東京楽所 第11回雅楽定期公演からサントリーホールに会場を移し年1回開催。
12月 外務省事業 「ロシアにおける日本年」東京楽所 雅楽ロシア公演ツアー モスクワ・サンクトペテルブルグ市四公演。
10数枚のCDを制作出版し、雅楽の普及にも努めている。

ページトップ